こうのとりの巣

スマブラDXプレイヤー Kounotori のブログ。面倒くさがりの為のお手軽食品の紹介、Kindle 本の感想など。本以外の紹介やそもそも紹介でもない記事もなんでも書くよ。

【レトルトカレー】みのりんご チーズキーマカレー(S&B「噂の名店」シリーズ)

 ご無沙汰していたお手軽食品レビュー第3弾! 今回もレトルトカレー、S&B「噂の名店」シリーズの商品を紹介!

 今回はこちら。

 原宿に店舗を構える「みのりんご」のチーズキーマカレーをレトルト化した商品。こちらも前回紹介した「ラムキーマ&チキンカレー」同様期間限定だそう。値段設定も同様で、他の同シリーズのレトルトカレーよりも高めです。

 開封すると、キーマカレーと「チーズソース」のレトルトパウチ、そしてパセリの3つが入っています。

 一般的に、カレーは更に片方半分にご飯を、反対側にルーを盛り付けますが、パッケージの裏の盛り付けイラストをみると、ご飯を更の真ん中に盛り、キーマカレーをその真上から、そしてその上から更にチーズソースといった盛り付け方でした。 最後にパセリをちらします。
 完成したのがこちら!

f:id:Kounotori:20180628220353j:plain

 これは・・・うまい!!!!!!

 ちょっぴりスパイシーなキーマカレー、さらにその上にぶっかけているチーズソースがめちゃくちゃ合います! スパイシーさを丁度良いくらいに濃厚なチーズの優しさが包んでおり、レトルトカレーとは思えないおいしさでした。大好きです。✨✨✨

 前回書いたとおり、S&B のサイトから「選べる噂の名店レトルト詰め合わせセット」で買えば1つあたり400円を切って安く手に入れられるのでオススメです。
 次回はこのチーズキーマカレー全振りでこの詰め合わせセットを注文しようと思いました。

Kounotoriの好きさ:5

【レトルトカレー】negombo33 ラムキーマ&チキンカレー(S&B「噂の名店」シリーズ)

 お手軽食品レビュー第2弾! 今回もレトルトカレー、S&B「噂の名店」シリーズの商品を紹介しますよ!

 今回はこちら!

 埼玉県の西所沢にある negombo33 というお店のカレーを再現した「ラムキーマ&チキンカレー」。期間限定の商品だそうです!
 5個セットで購入しても一箱当たり449円と中々攻めた価格設定ですね。元となったお店でのお値段も結構お高めなんでしょうか? 実店舗には行ったことがないのでわかりません!

 ここでお得情報! おれはこのカレーを1箱 383円で入手したので紹介します!
選べる噂の名店レトルト詰め合わせセット

 12個好きな「噂の名店」シリーズの商品を洗濯して4600円というもの。実は噂の名店シリーズは、この商品と後日紹介予定の「みのりんご チーズキーマカレー」の2商品だけ他の商品よりお高いので、この詰め合わせセットをこの2種類で全振りすると、1つあたり383円で買えてしまいます(※5400円以上でないと送料がかかってしまうので、他のカレーを追加して送料無料にしました)。
 そんな6食ずつもいらんわ!という場合は Amazon で是非購入してみてください。

f:id:Kounotori:20180424215236j:plain

 開封。中身は「チキンカレー」と「ラムキーマ」のレトルトパウチ、そしてラムキーマ用の「花椒」の3つです!
 このカレーのお勧めの盛り付け方は、お皿の真ん中に縦長にご飯を展開し、その両脇にそれぞれのルーを出すそうです。最後に花椒をラムキーマにかけたら完成!

f:id:Kounotori:20180424215250j:plain

 チキンカレーの方は、「やわらかチキン」とパッケージが謳っている通り柔らかくて、ルーも美味しかったです。  ラムキーマの方は花椒が非常にマッチしていて、おれはこちらが特に好きでした(そもそもキーマカレー自体が好き)! 惜しむらくは、レトルトパウチの大きさの通り、好きな方のラムキーマの量がちょっと少なかった。。。

 美味しかったです👍

Kounotori の好きさ:4

【レトルトカレー】Columbia8 大阪スパイスキーマカレー(S&B「噂の名店」シリーズ)

 お手軽食品レビューカテゴリー始動!
 このカテゴリーでは、時折カップ焼きそばを作るのすら面倒に感じる超面倒くさがりの Kounotori が、「なるべく手間が少なく食せるお手軽な」食品をテーマに、面倒くさがりなので手早く雑に紹介します!

 初の記事で取り上げるのはお手軽食品の代表格! レトルトカレー
 S&B には、実店舗のあるカレー屋のメニューをレトルトカレー化しちゃいました的なシリーズ商品「噂の名店」シリーズがあったんです。知っていましたか? おれはこないだ怠惰食品を探していて知りました。

 今回はそのシリーズの「Columbia8」というカレー屋のレトルト化商品! 大阪の北新地や堺筋本町にあるカレー屋です。家の近くにあるので実店舗でも食べたことがあり、中々美味でした。
 レトルトでは入っていませんが、実店舗ではししとうがカレーの上に乗っており「右手にスプーン左手にししとう!」がキーワードのようで、ししとうがより美味しさを引き立てるそうです。右手に盾を左手に剣をみたいですね。

 箱を開けると、ルーのレトルトパウチ・「香りスパイス」・「焙煎カシューナッツ」の3つが!
 作り方は、まずご飯を皿の上に展開し、「香りスパイス」をまんべんなく散らします(袋開けた瞬間ものすごいスパイシーな香りが広がりました)。
 その上から、温めたルー(電子レンジNG、お手軽ポイント減点)をかけ、最後に「焙煎カシューナッツ」を散らしていけば完成です。
 完成形はこちら!

f:id:Kounotori:20180419202446j:plain

 ルーは本家同様かなりサラッとしているので、浅いお皿で盛り付けようとすると大変なことになるかもしれません! 少しは深めのお皿を使いましょう。

 食した感想としては、やはりいい香りがしたスパイスがいい仕事をしている印象が強かったです。美味しかった!
 ただ、本家では汗だくになるくらい辛さ(とは言え痛いというほどではない。あくまでスパイスで辛さを生み出していた感じ)だったのですが、こちらは少し温かくなった感じがして若干汗ばむくらいの辛さでした。こちらの方が万人受けはしそうで、レトルト化として十分ありな変更なのかもしれません。

 ボンカレーなどのレトルトカレーと比べるとお値段は張りますが、普通に外食するよりは当然安上がりですし、全然ありですね!
 気になった方は是非どうぞ!

Kounotori の好きさ:3.5
※もうちょっと辛ければ4でした。。。

スノボメモ

 1/6-7 と、ソバメシ・緑茶とスノーボードに行ってきた。ソバメシは毎シーズン何回もいくマイボードあり、何か今3週間連続で行ってるスノボ狂、おれと緑茶は初スノボでした。
 運動音痴なおれは二日間では全く滑れるに至れなかったが、一番最初のまったく頓珍漢なところからはある程度感覚は得られたので、感覚を文字にしておこうと思う。利き足が右なので、まともに滑ったとしたら身体の左側が前、右側が後ろになる想定のメモ。

  • 斜面の傾きにボードの傾きを近づけると、ボードは滑り出す
    • つまり、ボードを装着して立ち上がっても、斜面の上側に体重を後ろに倒れないように欠けることで滑り出さない (斜面が急であるほど、それでもググっと動いては行くけど「滑っていく」ではなく「引っかかりながらずり落ちていく」という感じなので怖くない
  • 左肩前に突き出している方の肩の側の方の足が下に行くように、ボードは傾いていく (まともな運動神経の人は「"体重移動"した側にボードが傾いていく」という感じっぽいが、運動音痴なおれの場合は、体重移動という感覚的なものより、物理的に肩つきだした方、ととりあえず捉える方が分かりやすかった)
  • 加速は、ボードの向きを縦に近づけることで行う
  • 減速
    • まずボードの向きを、左肩を左右どちらかに寄せることで斜めにする
    • ボードが左に向かせたなら、後ろ足(右足)はかかとが斜面の上側になるので、そっちに体重が乗るように、体全体を右斜め後ろに少しずつのけぞらせる。このとき、左斜め前に曲がって進行することを伴う
    • ボードを右に向かせたなら、身体の前側が斜面の上を向くようにもなっており、つまり右足のつま先側が斜面の上側になるので右斜前に少しずつのけぞらせる。このとき、右斜め前に曲がって進行することを伴う
    • ボードは斜めから横に段々近づいていくので、前足(左足)も右足と同じ方向に体重をかけていく。真横になり、左右均等に斜面の上側に身体を傾けていったら、次第に摩擦が大きくなって止まる
  • スノーボードができる人でも、基本的に常に左右に交互に曲がることを細かく繰り返して蛇行しながら進んでいて、実はボードの傾きが完全に縦になっている状態は殆どない(縦にしているときはブレーキをかけることは不可能)

 こんな感じかな。斜面の上側が背中側にある状態での、かかとでやる木の葉ムーヴは、大分安定したので、次は斜面の上側が腹側にある状態でのつま先でやる木の葉ムーヴを安定させられるようになる必要がある。
 かかと木の葉、つま先木の葉ができるようになったら、次はそれぞれを、途中で切り替えられるようにする。

あと、準備において後悔したことを挙げておく

  • ヘルメットの購入: ニット帽では、滑走で固められた部分の雪に頭をぶつけたとき死ぬので、転倒が怖くて思いっきり練習できない
  • リストプロテクターの購入: 転倒する際、やはりどうしても手から先についてしまう。リストプロテクターがないと、転倒時に手首を曲げて掌底で手をついてしまう。手首が死ぬ。趣味も仕事も手首は重要だし、別に重要でなくても転倒する度にどんどん手首がイカれていっているのが分かったので、買うべき。緑茶の装着していたものは、装着すると、手首から手のひらの中頃まで鉄板がはいるので、そもそも手首を曲げることが物理的にできなくなるので、腕全体で柔道の受け身をとるような形に自動的になり安全。
  • 膝プロテクター: つま先木の葉をする場合、やはり倒れるのは前からになる。膝が痛い。つま先木の葉はまだ全然安定しないので練習しないといけないし、活躍する機会はまだある。
  • 曇らないゴーグル: 初日、買った安物ゴーグルが直ぐ曇って使い物にならないので、ゴーグルなしで滑っていた。雪が降ってきたときは目に入って前が見えなくなるし、その日の夜には目の奥が痛いし頭痛もガンガンするようになっていた(雪で乱反射する紫外線のせい)。曇りどめはかりたが、初日は塗りがたりなさすぎたし、二日目も大分ぬったはずだけどそれでも1日目よりはマシではあるけど曇ったので、最適な塗りが安定してできる気もしないし、そもそも曇らないゴーグルがあるほうが良い。
  • ゴアテックスの手袋: 買った安物の手袋は、中に浸水こそしないものの、表面部分の素材は水が普通に染み込む素材で、染み込んだあと凍結してしまった。その氷の熱(冷気)が、内側の素材には伝わって、濡れはしないが冷たすぎた。ゴアテックス制のはそもそも表面からして水をはじくようなのでそれが安定
  • なんかへんなマスクみたいなもの: 呼吸するの寒い、唇かじかむ

ケツプロテクターは、かかと木の葉の練習でケツから転倒しまくっていたので、今回あったら良かったとは思うが、かかと木の葉で倒れる回数は大分へったので、もうなくてもいいかもしれない。でもどうせならあったほうがいいかな。

特にヘルメット、曇らないゴーグル、リストプロテクターはマジで次回までの購入はマスト。ヘルメット大事だと思うんだけどなんでレンタルにないのか理解不能。
あとそれなりの速度で滑ってるくせにヘルメットじゃなくてニット帽のひとらマジで意味不明。初心者でゆっくりやるだけのつもりならまだしも。

「スタンフォードでいちばん人気の授業」を読んだ

スタンフォードでいちばん人気の授業

スタンフォードでいちばん人気の授業

 リーダーシップとビジネスを専門に学ぶスタンフォード大学の経営大学院は、GoogleYahoo!Paypal の創業者など、数々の起業家を排出してきた。本書は、スタンフォード大学経営大学院の中でも人気のある授業を、「人間を知るための授業」と「人間力を高めるための授業」の2つに大別し、人気教授へ取材を行った上で、それぞれどのような内容が教えられているのか、なぜそれが重要なのかを解説したものだった。
 「人間を知るための授業」は、心理学・行動経済学・組織行動学などの側面から、人間そのものを解き明かし理解していくものだ。起業し成功するには、他者の理解が必須だし、一方で自分自身を変えていく必要もある。その為に「人間」そのものの性質や傾向などを理解している必要がある。  「人間力を高めるための授業」は、修羅場・交渉事・人前で話すなどの場面でどう振る舞えばよいのか、実践的なことを学ぶ授業だ。「こう言われたらこう返す」など、具体的な言い回しまで事細かに訓練しているそうだ。

続きを読む

2017 年振り返りと 2018 年

2017 年

カレンダーアプリみて思い出す(カレンダーアプリに書いてなかったら思い出せない)。

1 月

  • マスハン22 3位。

2 月

  • ゲームバー PeeGee でイベント開催を頼まれてやった。
  • マスハン23 準優勝。

3 月

  • ゲームバー PeeGee でイベント開催を頼まれてやった。
  • マスハン24 4位。
  • ビットコイン始めて、買った瞬間大暴落(15万→10万くらい?)。でも買ったのは 15 万/BTCだったので、大暴落気にせずそのままガチホールドしてれば普通に10倍になってたのにね。

4 月

  • マスハン25 5位。
  • マスハンの翌日初彼女ができた。舞い上がったなあ。
  • コナンの映画を観た。別に毎年みてきたわけじゃないけど去年から観てて、今年は大分良かった。
  • 造幣局桜の通り抜けに行った。良いものだった。 f:id:Kounotori:20171231133655j:plain

5 月

  • KVO 2017。準優勝でした。Yuさん強すぎて歯が立たなかった。
  • クレハン2017 4位。Gucci戦の勝ち確シーン雲動揺からの敗北は悔しかった。
  • すいゆー・haku・緑茶(元DX勢)と伊勢に旅行いった。
    • 菓子博はすごかった。こういう作品が沢山、全部お菓子。 f:id:Kounotori:20171231130014j:plain
    • 忍者村にもいった。中のアトラクションは大体しょぼかったけど、城の1-6階を使ったお化け屋敷がかなりすごくてめっちゃ楽しかった。今までのお化け屋敷で断トツ。この写真完全に何かでそうじゃないですか。 f:id:Kounotori:20171231131621j:plain
    • 伊勢海老を食べた。海老づくし。ぷりぷりしてて最高だった。生きたまま蒸し器に入れるのは残酷だと思った(でも食べる)(人間の業)。 f:id:Kounotori:20171231131805j:plainf:id:Kounotori:20171231131846j:plain
    • 二日目、夫婦岩に行った。そこで食べた穴子丼が、今までで一番美味しい穴子だった。実がぷりぷりしてるし味も本当に良かった覚えがある。 f:id:Kounotori:20171231132123j:plainf:id:Kounotori:20171231132020j:plain
    • 鳥羽水族館に行った。青いザリガニとかいました。カワウソめっちゃ可愛かった。ラッコショーも最高だった。 f:id:Kounotori:20171231132519j:plainf:id:Kounotori:20171231132601j:plainf:id:Kounotori:20171231133036j:plain
    • 伊勢神宮に行った。自然でした。 f:id:Kounotori:20171231133206j:plain

6 月

  • マスハン26 3位。
  • 初の一人暮らし開始。案外「必要」な家事はそこまでなくて思ったより大変じゃなくて、色々干渉されることもなくめちゃくちゃ快適だった。
  • マットレス20万くらいの買ったり引越しで色々家具とか買ったりで一気に金が飛んでいった。

7 月

  • マスハン27 5位。
  • 格ゲー世界大会 Evolution 2017 に今年も行った。
    • 今年はスマブラDX最終日までなくて非常に残念だったけど、DX日本勢の遠征者が10人を超える遠征は始めてでワイワイできて良かった 6年前にボッチで初海外遠征(スマブラX発売以降の日本勢の初遠征でもある)した頃には考えられなかった数。来年も沢山日本勢が海外遠征して楽しみを知ってもらえたらいいな。
    • 結果は 97 位でした。勝者側で超強豪 Lucky と、敗者側でミネソタ州トップクラスのマルス使い nakamaman に負けた、後者は決めキレず3戦目までもつれ込んでしまって、そこからメンタル崩れてって感じでとても悔しかった……。

8 月

  • マスハン28 優勝。あれですね、鼻の穴全開リフでキメたやつです。

9 月

  • マスハン29 9位。
  • マスハン会場お引っ越し。手伝ってくれた皆マジ感謝
  • 彼女と別れた。色々と後悔はある。でも付き合えて良かった。

10 月

  • shiro さんの結婚式二次会に参加。スマ勢もどんどん結婚したり子供が産まれたりしているトレンドになってきてて加齢を感じる。
  • マスハン台風で初中止。
  • 格ゲーでガチ対戦を行い、その結果を投稿するという新しい Web サービス「GoodGames!(略: GGs!)」をリリース。
    • 実は去年の冬頃一旦ある程度は完成していたのだけど、使っているフレームワークRuby on Rails の最新版が出たり、ある程度出来てみると作りが微妙だなって思う部分が基幹的なところにあって作り直すことにして、3月くらいまでは作り直していたものの、そこから数ヶ月放置しっぱなしで結局公開まで行ってなかった。8月くらいから再開してようやくリリース出来た次第。 f:id:Kounotori:20171231140117p:plain
    • おれは真剣勝負という意識合わせをしたわけではない漫然としていただけのフリー対戦で「誰々に何割勝った!」と言いふらす(そして負け越したときは言わない)ムーヴが嫌いなのと、真剣勝負ができる場が日本ではそこまで頻繁にない大会だけなのは勿体無く真剣勝負をする機会が多い方が上達に寄与するだろうという思いから生まれました。
    • Best of 3 にしたのは、元々 Bo5 で作っていたものの、5 だと必要な時間が多くてハードル上がるかなと思ってリリース直前に 3 に変えたからだけど、Bo5 の方が何だか需要がありそうなので Bo5 にも対応できるようにしていこうと思ったり。
    • 他の格ゲー界の需要はどうなんだろうなぁ、せっかく作ったし有名なサービスにしようとしてみたい感はあるので格ゲーも対応していこうかなぁとか考えている。
  • 10/25 に 2 匹目の愛犬 タローが 16 歳で他界した。去年亡くなったももと同じく腎臓の数値が悪いのが原因だった。
    • 段々元気がなくなってきたという実家からの連絡で、度々会いに帰っていて、そのときはたまたま体調良かった日だったのか聴いていたほどじゃなかったりしていた。
    • 本当にヤバイかもという知らせで帰った。確かに様子はおかしくしんどそうだった。でも、ちゃんとは歩けないけどでも目を離したら移動したりしていたので、危篤ではなくまだ直ぐ逝くわけではないと思っていた。日曜日だったから、名残惜しいけれど夜には帰らないといけなかった。実家を出ているので、去年のももと違って死に目には会えないだろうし、会えるの自体最後だったかもしれなかったから、沢山撫でて、湧いてくる言葉を沢山かけた。それは今までの感謝の言葉だったり、去年ももが長く苦しんだのは可哀想だったので、そんなに頑張らなくてもいいよという言葉だったりした。
    • 帰ってシャワーを浴びて出てきたら、午前1時22分、家族ラインで弟からタローが亡くなったという知らせが丁度されていたところだった。数時間前まで会っていて、確かにしんどそうで様子がおかしくても気づいたら移動していたりしていたから、もう少し先だと思いこんでいた。独りで沢山泣いた。涙が止まらなかった。でも、もも味わったような数週間もの苦しみは味わわなくてよかったとも思った。
    • ももが逝ったときは、まだ元気だったタローがそこにいたので、悲しみは大分和らいだけれど、今回は和らげてくれるものが何もなかったから、もものとき以上に悲しかった。悲しみ抜いた方が良い気がして、積極的に色んなことを思い出して泣きまくった。さよなら。 f:id:Kounotori:20171231154514j:plain

11 月

  • 今の会社に転職して1年がたった。なんだか1年間が本当に早かった気がする。
  • マスハン30 優勝。
  • 映画「ジグソウ:ソウ・レガシー」を観た。面白かった

12 月

  • ビットコインFXで、一年が終わって損失額が確定してしまう前に取り戻そうとしたが、10万単位の大損連発して死亡。取り戻そうとするというのは本当に愚かな行為だった。素人は普通に現物ガチホールドが安定だとようやく気づきました。短期の売買は素人には無理。
  • 母方の祖父が他界した。91歳とめっちゃ長生きだった。通夜と葬式で会社を休み、兄も丁度仕事がやすみだったのもあり、久々に家族全員が集まった。
  • この祖父の他界で、愛犬らが皆いなくなってから初めて実家に帰ることになった。また喪失感を味わったし、弟の彼女が母に作ってくれた犬の写真のデジタルフォトフレームの写真たちを見ているとまた泣いてしまった。この一年の振り返りでもまた泣いてしまった。10月に散々泣いて、もう受け入れられたと思ったのだけれど、まだまだらしい。親が実家でまた新しい犬を飼ったりしたら変わりそうな気もする

2017 年摂取物

アニメ・他

3月のライオンが特にお気に入り。

読書

 今年はあまり読まなかったなぁ。
 読書と言うかマンガだけど、インベスターZめっちゃ面白かった。1-20 巻がなぜか 10 円セールしたときに買ったので、いい買い物だった。

去年から見ていた 2017 年

去年の振り返り&2017 年記事の、今年についての部分を見てみる。

  • 開発関連
    • Rails チュートリアルクリアする(今第 14 章に差し掛かったところです。正月休みで終えたい)
    • Web サービス作る (まずは前殆ど作ったけど、作り直さないと難しいところが出てきて公開やめた Web サービス「GoodGames!」の再作成を完了)
    • スマホアプリ開発を初めてみる
  • 恋活(年齢的にそろそろ左上かもしれないが…)
  • アドラー心理学における「貢献感」を持つ
    • 一日一善から始める

 開発関連はスマホアプリ開発が全く触ってないなぁ。ちょっとしたアプリのアイディアはあるけど、自分のスマホiPhone だし作るとしたら iOS アプリからになるが PC が Windows。何か Windows でも iOS アプリ開発できるらしいけど。というか人間的に色々課題があってこういう建設的なことに精力的に取り組むメンタルではないという…。
 恋活、長く続きはしなかったけど大きな一歩はあったので良しとする。
 一日一善は全くできていない。

総括

 ようやく得られた恋人、愛する犬、貯蓄、祖父、色々と失うものが多い年だった。でも悪くはない一年だった。

2018 年

仕事について

 前の会社と違って開発ばかりだったり、フリードリンク制度だったりするのはとてもいいのだけれど、正直開発の対象物自体が楽しくないので、仕事に全く積極的になれない。こんな姿勢で技術者の仕事に臨んでいたら置いていかれるのは目に見えている。
 新卒の就職から開発の中身よりも休み取りやすそうかとかを最重視して職場を選んできたが、それよりも「対象物に自分が興味持てるかどうか」を重視した方がいいのではないだろうか。結局技術者は、知識がモノを言う仕事で、時間をかければかけるだけその者が強くなるのは言うまでもない。

 かといって「知識がモノを言うから」という理由で、他にも楽しいことが沢山ある中、それらを差し置いて知識の会得に時間を使える訳もない。時間を使うのが苦にならない程度には、知識を使う対象物に興味がないとモノ言うほどの知識が得られない。おれが人類の中でもかなりスマブラDXに詳しい方である、という結果を得るのに別段苦行を詰んだ訳ではないことからもそう思う。
 興味のない対象物に仕事をしていると、残業可能性を減らしたい為、ためになる仕事でも仕事をなるべく増やさない行動をとってしまう。一方、対象物に興味が強ければ、多少仕事や労働時間が増えても苦にならないし結果として能力も高まるはず。

 このままだと何らかで労働環境が悪化したりしても、そこから抜け出せなくなる(か、抜け出しても同じような環境しかなくなる)のが本当に怖いので、なんとかしないといけない。開発の対象がなんであればおれは時間を費やすのに苦で無くなるのかを探すのが仕事面での目標。

 もしくは、本質的な心配は「労働環境が悪化しても~」の方なので、興味がほどほどでも自分で仕事をコントロールできれば良いのかもしれないので、フリーランス的な方面についても色々と知っておきたいなぁと思う。

メンタル

 社交不安が強く、大きくはないけど細かく色々損しているので、いい加減その原因になっている諸々の克服の為に色々考えたり取り組んでいきたい。

 なんか全然まとまっていないけど、昼からずっと書いてて疲れたのでこの辺で。良いお年を。